デモンストレーターの皆さんに贈る!売れる試食販売のノウハウを公開しちゃいます!

催事屋さんにはまけてもらいましょう!

催事屋さんは、気前が良いですからね!

催事屋さんの秘密を先に書きましたけれど
まだ内緒のお話がございます。

 

このお話の方が「内緒にしておいてほしい」と言っておりましたので、あくまでここだけのお話です・・・。
いいですか? 内緒の話ですよ...(笑)

 

実は催事屋さんの商品には利益がたくさん入っているのです。

 

業界の仕組みで出展する場所には、場所代を払うのですがスーパーでは売り上げの20%、百貨店では25%が相場といいます。
(様々な場所代はあると思いますけどね・・・)

スポンサードリンク

そんな場所代を支払っても儲けを出す催事屋さんはいったいどのくらいの収入になるのでしょうか?

私の聞いた催事屋さんは催事歴15年で年収700万円との事、まだまだ稼いでいる人もいるそうで年収1000万を超える人もいるといのだから驚きです。

 

えっ・・・?そんなに稼げるの?

 

と最初思いましたが、稼ぐ人は物凄く稼ぐけれど、稼げない人は生活できない程に稼げない世界だと聞きました。

 

さて、そんな催事屋さんの販売する商品には、利益をたくさん乗せているご様子が伺えます。

 

食べてもらう試食も、販売価格に上乗せしないとね!
上乗せしないと、とてもじゃないですが商売になりません・・・。

 

1日たくさんの人に試食してもらうのですから、かなり利益に載せないと合わない筈です。

 

全ての催事屋さんがそうとは思いませんが業界的には、だいたい載せていると聞きました。

 

なんとなんと!利益率は70%以上・・・?!

 

試食もただではありませんし場所代や人件費などで仕入れ値の4倍はつけていると言うのです。

 

例えば100gで500円の商品であれば150円程度の仕入れ値といった具合です。

 

2倍どころではないそうで、3倍〜4倍は、当たり前な価格になっているというのです。

 

焼き鳥などは1本100円で売られている姿を見ますが仕入れ値は10円以下は当たり前でガス代や諸経費で100円となっているとの事でした。

 

まけてくれるかは解りませんが、あなたの愛嬌で・・・
「まけてぇ〜・・・・」って
一度お願いしてみるのもいいかもしれませんね。

 

ただ、1日同じ売り場で仕事をしていると、無料でくれたり、大増量してくれたりサービスしてくれるから、お願いする必要もないかもしれません(笑)

 

こういった事も試食販売員・デモンストレーターの愉しみの一つなのです。

 

 

色々な催事屋さんがいるから、様子を観ながら仲良しになってね!


スポンサードリンク

 

 

当サイト使用ソフト

おばちゃんでも簡単に綺麗に作れましたよ!すごく簡単ね

スポンサードリンク